タダスケの日記

ある弁護士の司法制度改革観察記録

ロースクール宣言

お前をうちに入学させる前に 言っておきたいことがある
かなりきびしい話もするが 俺の本音を聴いておけ
予備校に 行ってはいけない
予備試験に 逃げてもいけない
なるべく長く勉強しろ いつも図書室にいろ
できる範囲で かまわないから
忘れてくれるな 合格者も出せない学校に
経営を守れる はずなどないってことを
お前には勉強しか する時間はないから
それ以外は 口出しせず 黙って俺についてこい

司法試験と 学校の成績と どちらも同じだ 大切にしろ
期末試験 課題レポート かしこくこなせ
たやすいはずだ 授業を聞けばいい
ローの陰口 言うな聞くな
それから(予備試験組に)つまらぬシットはするな
俺は司法試験対策はしない たぶんしないと思う
しないんじゃないかな
ま,ちょっとだけならいいだろ
合格実績は 二人で作り上げるもので
どちらかが苦労して
つくろうものではないはず
お前は俺の所へ 新卒カードを捨てて来るのだから
帰る場所はないと思え
これから俺がお前の母校

弁護士になって 依頼者をとれなくても
俺より先に死んではいけない
例えばわずか一日でもいい
俺より早く成仏してはいけない
何もいらない 出身校を聞かれたときは
涙のしずく ふたつ以上こぼせ
お前のお陰で いい教員人生だったと
俺が言うから 必ず言うから
忘れてくれるな 俺が養成した法曹は
養成した法曹は 生涯お前ひとり
忘れてくれるな 俺が養成した法曹は
養成した法曹は 生涯お前ただひとり

www.youtube.com

歌詞
https://www.utamap.com/showkasi.php?surl=36544

www.youtube.com

国民が本当に必要だった法曹養成制度

顧客が説明した要件

ペーパー試験の弊害を是正しつつ,合格者平均年齢を引き下げ,弁護士を大増員するという,ちょっと期待過剰(?)な法曹養成制度の製造依頼。この時点ですでに完成型のピントが合っていない。

プロジェクトリーダーの理解(ロースクールの学部からの独立)

弁護士を増員させる法曹養成が欲しいという顧客の要求はなんとか理解できた。そして顧客の提案にある非現実的な部分は専門家として排除したつもりだが、その結果、学部から独立した法曹養成制度として,学者ポストの激増をも狙ったリーダーがたどり着いた解決案。

アナリストの設計(予備試験の導入)

プロジェクトリーダーの構想のままでは法曹養成制度が一部の裕福な層しか取り込めず動かないことに気づいたので,予備試験を導入してなんとか公平性を維持できるように改良(?)されているが、予備試験組の司法試験合格率をロースクール卒と同程度にすると,法曹志願者が一気に予備試験に殺到し,法科大学院制度がすぐに崩壊しそうである。

プログラマのコード(ソクラテスメソッド)

学部と変わらない座学をロースクールで実施している状態。学部に屋上屋を架す形となり,第三者の目にはかなり異様な光景に映るが、「法曹を養成しろ」としか説明されなかった元学部の学者教員が形だけ講義を行ったもの。

営業の表現、約束(合格者3000人を目指す)

合格者2000人ですら合格者の質を考慮するとギリギリの増員であるのに,さらに無駄に大風呂敷を広げた大増員の掛け声。第三者の目にはかなり異様な光景に映るが売り込みに熱心な法科大学院制度推進者は気にしない。まさに絵に描いた餅である。

プロジェクトの書類

「合格率」7割~8割が,「累積合格率」7割~8割にいつの間にかすり替わる。その上「数字がひとり歩きした」などまるで他人のせいにする。制度発足時の法科大学院像が影も形もない状態。

実際の運用

法曹志願者が激減し,法科大学院も次々と潰れていった結果,LL7だけ残せばいいと開き直っている。とりあえず、LL7があれば,1500人の合格者を輩出できる。辛うじて顧客の要望を叶えている状態。

顧客への請求金額(国民のコスト)

ジェットコースターらしき遊具。最大1500人の合格者を出した旧司法試験を廃止した上で,失敗に失敗を繰り返した結果,青息吐息で1500人の合格者を輩出しているというだけなのに、ジェットコースター建造費用レベルの法外な税金を投入しようということか。

得られたサポート

学部を取り込み「法曹コース」なるもの設け,共通到達度確認試験というペーパー試験を取り入れ,給費制を廃止してから給付制へと一部譲歩し,法科大学院修了前の司法試験受験を許容するといったように,法科大学院制度の理念は根本から切り捨てられてしまった状態。「実際の運用」にあたってロースクール関係者からの「当初の形でロースクールを経営するのでは学生が集まらず余りにも経営が辛いので、とりあえずは学生を維持して経営的に楽になりたい」という要望に、有識者会議と国が場当たり的に対処した結果か。

国民が本当に必要だったもの

ロースクール修了が,司法試験受験資格から切り離された法曹養成制度。ロースクールを希望する者は任意に進学して群れて戯れることができるという本来の法曹養成制度の理念を十分に満たす機能を持った制度。

元ネタ

dic.nicovideo.jp

参考サイト

最近見かけたサイト。参考まで。

ameblo.jp

ロースクールクエスト3 ~そして面接へ~

年齢:
受験回数:
予備試験受験回数:
君は法学部に入学した大学1年生だ。
法曹コースに入る
入らない
法曹コースに入った君は・・・
勉強に専念する
学生生活を楽しむ
君は勉強に専念しようとした。
<克己心>50
次へ進む
 
「やっぱり学生生活は楽しまなくちゃね」
君は学生生活を心から楽しんだ。
次へ進む
 
君は勉学に励むことにした。
次へ進む
大学4年生となり,君は進路を考え始めた。
ロースクールへ進学する
予備試験を受験する
他の職業を選ぶ
大学3年生となり,君は進路を考え始めた。
ロースクールへ進学する
予備試験を受験する
他の職業を選ぶ
数千万円の資格取得コストをかけて年収300万円の資格など取らない方がマシだ。
君は,公務員か会社員を目指すことにした。
TRUE END リアリスト
ロースクールはオワコン」「若者は法科大学院へ行くな」という時代になったなどと,周囲からの猛反対にあった。
<克己心>80
次へ進む
司法試験受験資格まで得た君だが,弁護士の経済的価値の低下に嫌気が差す。
君は,公務員か会社員を目指すことにした。
TRUE END リアリスト
初志を貫徹できなかったが,君は,これも人生と思うようにした。
 
ロースクールは,既修コースと未修コースに分かれている。
既修コースに進む。
未修コースに進む。
 
君は周囲の反対に抗しきれなかった。
予備試験を受験する
他の職業を選ぶ
 
2年の月日と2年分の学費が消えていった。
次に進む
 
3年の月日と3年分の学費が消えていった。
次に進む
 
ロースクールはあまりにリスキーだが,法曹には興味があった君は,予備試験を目指すことにした。
次に進む。
 
君は予備試験を受験した。
<合格率>3
次に進む。
 
君は予備試験に合格した!
次に進む。
 
君は予備試験に落ちた・・・
予備試験を再受験する。
ロースクールに進学する。
他の職業を選ぶ。
 
君は司法試験受験資格を取得した。
司法試験を受験する。
他の職業を選ぶ。
 
君は司法試験を受験した。
<合格率>30
次に進む。
 
君は司法試験に合格した!
修習に行く。
他の職業を選ぶ。
 
君は司法試験に落ちた・・・
司法試験を再受験する。
他の職業を選ぶ。
 
しかし,受験回数制限にひっかかった。。。
ロースクールに再入学する。
予備試験を受験する
他の職業を選ぶ。
 
君は司法修習を修了した。
2回試験に合格できるか?
<合格率>98
次に進む。
 
君は2回試験に合格した。
次に進む。
 
君は2回試験に落ちた・・・
次に進む。
 
君は就職できるか?
<就職率>70
次に進む。
 
君は,翌年再受験した。
2回試験に合格できるか?
<合格率>98
次に進む。
 
君は,就職活動を開始した。
弁護士を目指す。
会社員を目指す。
 
君は,うまく法律事務所に採用されるだろうか?
<就職率>70
就職活動する。
 
おめでとう!
君は就職活動に成功し,弁護士になった!
GOOD END 新人弁護士
 
就職活動がうまくいかなかった君は,即独した。
「世の中の人々のお役に立つ仕事をしている限り、世の中の人々の方が自分達を飢えさせることをしないだろう」
BAD END 即独
 
君は,企業内で安定した収入を得ながら法務に携わることにした。
HAPPY END インハウス

エンディングの種類

  • TRUE END リアリスト
  • HAPPY END 新人弁護士
  • HAPPY END インハウス
  • BAD END 人間万事塞翁が馬
  • BAD END 即独

あとがき

ゲームブック風に司法試験受験生の受験生活を体験するゲームです。

再挑戦するときは,ブラウザをリロードしてください。

「<克己心>50」などとあるのは,ダイスロールです。0~100の乱数が発生し,この乱数が,その数値以下であれば成功,超えれば失敗です。この場合,乱数が50以下であれば成功です。

cssで,表示,非表示を切り替えることで,ボタンで遷移したように見せています。

htmlタグ,「遷移」先との関連を,すべて手入力しているので,大変面倒くさかったです。

うまく遷移していない場所がありましたら,教えていただけると幸いです。

JavaScriptで値を保持できるので,かなり自由度が高いです。

逸失利益」「積極損害(学費・生活費)」のステータスを作るアイデアもありましたが,あまりに面倒なため断念しました。

2016年のロースクールエストⅠと比べると,五振はなかなかしないようになっています。

あくまでネタですので,即独をバッドエンドにしているなど,生暖かく見守って頂けると幸いです。

 

tadasuke.hatenablog.jp

tadasuke.hatenablog.jp

ch.nicovideo.jp

ミルクボーイメソッドで語るロースクール

駒場:うちのおかんがね,好きな法曹養成制度があるらしいんやけど,
   その名前を忘れたらしいねん

内海:ほんだら俺がね,おかんの好きな法曹養成制度,一緒に考えてあげるから,どんな特徴言うてみてよ。

駒場:司法試験合格者3000人はまだ手始め,3000人にとどまる趣旨ではないというかけ声で始められたんや。

内海:ロースクールやないかい。増大する法曹需要に答えようと始まったんや。

駒場:俺もロースクールやと思てんけどな,おかんが言うには,合格者が1500人ギリギリでもう死にかけっていうねんな。

内海:ほなロースクールとちゃうがな。3000人すら手始めなのに,合格者がそれより減るわけないやろ。
   もうちょっと詳しく教えてくれる?

駒場:択一7科目,論文8科目って,なんであんなに手広く科目をカバーできるのかわからんらしい。

内海:ロースクールやないかい。プロセスによる養成で幅広い法律を身につけられるんや

駒場:俺もロースクールやと思てんけどな,おかんが言うには,択一3科目になったっていうてた。

内海:ほなロースクールとちゃうがな。択一3科目やと弊害あるっちゅうことで廃止された旧司法試験と同じやがな。ロースクールとちゃう。
   もうちょっとなんか言ってなかった?

駒場:ペーパー試験合格の一発屋を社会が望んでいるわけがないでしょうっていうてた。

内海:ロースクールやがな。
   プロセス養成は,人間性豊かな法曹を育成するんや。ロースクールやそんなもん。

駒場:けどな,共通到達度確認試験っちゅうペーパー試験を導入して,授業の定着度を確認するんやって。

内海:ほなロースクールちゃうやないか!ペーパー試験を批判して始まったっちゅうのに,ペーパー試験を導入するわけないやないか。
   もうちょっとなんか言ってなかったか?

駒場:弁護士になる本道っていうてた。

内海:ロースクールや。司法制度改革の本道や。ロースクールや絶対。

駒場:司法試験合格率では,毎回トップを他の制度に奪われてるんや。

内海:ほなロースクールちゃうな。改革の本道が,そんな体たらくなはずがないやないか。 本道はその「他の制度」やないか。
   もうちょっとなんか言ってなかったか?

駒場:未修者も社会人も,猫も杓子も弁護士になれるようにと設計されたんやって。

内海:ロースクールやないか。いろいろなバックグラウンドを持った人材が法曹になれるんや。

駒場:合格者の社会人割合は減るし,未修者合格率は低迷しとって,マス教育に戻すんやって。

内海:ほなロースクールちゃうな。ロースクールで人材の多様性が失われるわけないやないか。

駒場:これからの時代の高等教育制度の下で、経済的事情で、例えば大学あるいは大学院に進学できないという状況に追い込まれる人というのは、そんなにたくさんいるんだろうかと考えると、まず社会的な発展段階から考えてそんなにいるはずがない,っていうてた。

内海:ロースクールや!学生の経済状況に問題ないっちゅうて,自信満々に学部から独立させたんや。

駒場:法曹コースっちゅうて学部の助けを借りて,学生の経済的負担を少なくしようと汲々としているんや。

内海:ほな,ロースクールちゃうな。学生さんの経済的事情に問題ないからな

駒場:基準を満たせば,今まで司法試験合格者がいなかったような大学でも,設立を許可したんやって。

内海:ロースクールや。ロースクール間で切磋琢磨すれば,教育の質もアップするがな。

駒場:LL7いうて,下位や地方を切り捨てにかかってるんやって。

内海:ほな,ロースクールちゃうな。ロースクールがそんな無責任をするはずがないやろ

駒場:修習生の給費を切り詰めて予算を回しているらしい

内海:ロースクールや!
   貸与制なんて無給で1年も拘束して憲法違反スレスレやから!
   ロースクールやん絶対!

駒場:わからへん。

内海:わからんことない!おかんが好きな法曹養成制度はロースクール

駒場:おかんがいうにはロースクールではないっていうてた

内海:ほなロースクールちゃうやないか!

駒場:おとんがいうには,予備試験ちゃうかって

内海:いや,絶対ちゃうやろ!

グラフで見るロースクール

経済性


ロー入学からロー卒業まで

無収入に加えてローの学費の支出が必要です(-20)。

ロー卒業から合格まで

合格率が30%に上がっているとはいえ,浪人することも十分にあります(-10)。

合格(修習開始)から就職まで

修習期間です。
給付制とはいえ,支出の方が多いでしょう(-10)。

弁護士n年目以降

年収300万円でもよいとして,弁護士増員が続いています。
裁判件数は増えておらず,需要と供給の関係からすれば,単年度においても非法曹の収入を超える保証はありません。

総合評価

橙の線の延長線が,緑の線の延長線を上回ってさらに,就職までのマイナスを補填できない限り,一般的な就職と比べて弁護士になる経済的なメリットはありません。
もともと,医者や弁護士のような,なるまでに長期の準備期間が必要な職業は,生涯収入において,経済的に大きなハンディキャップを負っているのです。
それでも旧司法試験の時代は,こうしたハンディキャップを相殺してなおそれなりの収入が得られる見込みがあったので,弁護士は,最大5万人の司法試験受験者が殺到する超人気職業でした(ロースクールの学費負担もありませんでした)。
しかし,ロースクールの大増員政策によって,弁護士の経済的価値は大きく毀損されています。
現在は,将来において余程の高収入を得られる見込みでもなければ,経済的な観点からは,弁護士を目指すべきではないでしょう。

レーダーチャートによる分析

非法曹と弁護士(ロースクール

収入

弁護士のインフレによる経済的価値の下落を考慮して,非法曹を8,弁護士を7としました。

経済的コスト

コストが低いほど,数値が高くなるものとします。
非法曹は,特段のコストがないとして10,ローの学費,また無職期間の無収入を考慮して1としました。

なれる確率

昨今の合格率上昇を評価して,弁護士は5と評価しました。

可処分時間

あまり注目されることが少ないですが,弁護士になるには,司法試験の勉強に多くの時間が必要です。
1日10時間勉強する人も少なくないでしょう。
これを考慮して,弁護士は1としました。

社会的地位

一応の社会的評価を得ているので,弁護士は8としました。

総合評価

非法曹の緑のエリアが大きいことが一目瞭然です。

予備試験とロースクール

収入

四大事務所などの高額報酬の事務所が予備試験合格者を多く採用していることを評価して,予備試験を10としました。

経済的コスト

予備試験は,莫大なローの学費がかからないので5と評価しました。

なれる確率

不当に制限されている予備試験の合格率を考慮し,予備試験は1と評価しました。

可処分時間

予備試験合格者も,司法試験の勉強に多くの時間を費やします。
もっとも,ローへの通学時間や授業,予復習や課題 提出などにわずらわされず,司法試験の試験勉強に集中できることを評価し,予備試験を3としました。

社会的地位

四大事務所などに就職できる可能性が高いことを考慮し,予備試験を10としました。

総合評価

予備試験の緑のエリアが大きいことが一目瞭然です。

使用したJSライブラリ

www.chartjs.org

上から読むか下から読むかで意味が180度変化する法科大学院の広告

上から読んだ場合

土俵際,もはや法科大学院の存続は絶体絶命。

法科大学院は,ただなすすべもなく数を減らし続ける。

持続的に継続しようのない政策はあきらめるのが賢明だ。

しかし,そんな考えは馬鹿げている。

今こそ,法科大学院制度の存続を貫くときだ。

誰とも違う発想や工夫を駆使して,弁護士は訴訟業務に限らない需要を開拓して闘え。

1人の新人弁護士でも,弁護士の潜在的需要を喚起するために立ち向かえ。

それでも関係者は無責任に言うだろう。

どうせ毎年,新人弁護士3000人が必要となる社会など到来しない。

国民はその言葉を信じない。

弁護士大増員は成功しうる。

下から読んだ場合

弁護士大増員は成功しうる。

国民はその言葉を信じない。

どうせ毎年,新人弁護士3000人が必要となる社会など到来しない。

それでも関係者は無責任に言うだろう。

1人の新人弁護士でも,弁護士の潜在的需要を喚起するために立ち向かえ。

誰とも違う発想や工夫を駆使して,弁護士は訴訟業務に限らない需要を開拓して闘え。

今こそ,法科大学院制度の存続を貫くときだ。

しかし,そんな考えは馬鹿げている。

持続的に継続しようのない政策はあきらめるのが賢明だ。

法科大学院は,ただなすすべもなく数を減らし続ける。

土俵際,もはや法科大学院の存続は絶体絶命。

元ネタ

togetter.com

「“さ”行で褒める」ロースクール生

さすが~(よく判例の規範覚えてるね)

しっかりしてるね(答案の法律構成が)

素敵だね!(模擬裁判で異議を出す姿が)

センスいいね(結論の妥当性が)

ソクラテスみたい(授業中に指名されて回答する姿が)

togetter.com