タダスケの日記

ある弁護士の司法制度改革観察記録

1.5回試験のある惑星

宇宙飛行士だったテイラーは、社会の隅々まで「法の光」で照らすという司法制度改革の理念に賛同し、社会人としてロースクールに入学した。

カルト宗教に過敏な昨今の情勢から、「カルト宗教にでもはまったのではないか」と心配する友人たちや、「今のお仕事をやめないで」と泣いて訴える娘を振り切ってロースクールに入学し、苦労しながらも、司法試験に最終合格することができた。

宇宙飛行士に復職した彼は、イカルス号に乗り、6か月間の宇宙飛行を終え地球への帰還を目指していた。

ハスライン博士の時間理論によると、地球時間で法科大学院制度の集中改革が終了した頃の地球に帰る予定だった。

しかし、地球に着陸するはずのイカルス号は、何故か別の惑星に不時着してしまう。

その星の住人に職業を問われたテイラーは「弁護士だ」と自己紹介する。

いったんは住民と打ち解けたものの、気になる法曹志願者の回復具合を尋ねても、話が合わない。彼らは、法曹志願者の激減など知らず、弁護士は、若者に人気の職業だという。

法曹志願者激減の元凶たるロースクール制度の失敗の歴史と、それでもロースクールは素晴らしいという自身のロースクール体験をテイラーは語るが、熱弁するあまり、住人たちの態度がよそよそしくなっていたことに気づかなかった。

不意に、背後から後頭部に一撃をくらったテイラーは、牢屋に捕らわれてしまう。

国選弁護人であるブラントン博士と、テイラーは、檻越しに話をすることができた。 彼女によると、現在の法曹養成制度にロースクールというものはなく、テイラーが捕らえられたのは、架空の法曹養成制度をでっちあげる非弁の犯罪者の嫌疑を受けたからだという。
テイラーは、誤って過去の旧司法試験時代の地球に戻ってしまったのかと思ったが、奇妙なのは、 この時代の法曹養成制度では、本試験の後、合格率99%を超える1.5回試験と2回試験という2回の試験があることだった。
そのようなほぼ全員が合格する試験が2回もあるのは不合理ではないか、と指摘するテイラーに、ブラントン博士は首をかしげる。言われてみると確かにそうだが、古来から続いてきた伝統であり、疑問に思うこともなかったというのだ。

このままでは、宇宙を法の光で照らすという自己の使命を果たせないと考えたテイラーは、一瞬の隙を突いて混乱を引き起こし、やっとの思いで監獄から脱走した。

追手を巻いて、浜辺を行くテイラー。

ふと足元を見ると、合格した受験生がもう不要として廃棄したのか、はたまた司法試験から撤退した元受験生が捨てたものか、1.5回試験の過去問が、半分、砂に埋もれた状態で姿をのぞかせていた。

何の気なしに過去問を手に取りパラパラとページをめくったテイラーは、愕然とする。
それは、司法試験の過去問だった。

王道だった予備試験は、正式に法曹養成制度の本道となり実質的に唯一の関門として「本試験」と呼ばれ、ロースクール制度は廃止される一方、かつての司法試験は、合格率99%を超え、2回試験になぞらえて「1.5回試験」と称されるようになっていたのだった。

関連記事

tadasuke.hatenablog.jp

tadasuke.hatenablog.jp

tadasuke.hatenablog.jp

令和4年司法試験合格発表~予備試験は王道

元ネタ

resemom.jp

予備試験が開始されてから12年間変わらず、もはや予備試験ルートが司法試験合格への『王道』となっていることを裏付けているといえます。

www.nikkei.com

おまけ

有効な需要に根拠を持ち、適正な報酬と共に生きよう。
経済的合理性とともに受験勉強と司法試験を乗り越え、正当なリターンと共に法律のプロフェッショナルとして笑おう。
どんなに肌感覚のテキトーな丼勘定で、たくさんのかわいそうな地方、下位ローをまるでとかげのしっぽのように切り捨ててLL7だけ生き残りを図っても、修了生の行く末である弁護士は有効な需要から離れては生きられないのよ!

過去の合格発表

tadasuke.hatenablog.jp

tadasuke.hatenablog.jp

tadasuke.hatenablog.jp

tadasuke.hatenablog.jp

tadasuke.hatenablog.jp

倒産しかかっている会社や大海原のように飛び込むとヒーローとなれる法科大学院

沈没しかけた船に乗り合わせる様々な国の人たちに、沈没しかけたロースクールに飛び込むようロースクール推進派が説得を行う。

推進派 「ロースクールに飛び込めばあなたはヒーローになれます。」
アメリカ人 「入学します!」

推進派 「ロースクールが法曹養成制度の本道で正規のコースです。」
ドイツ人「入学します!」

推進派 「ロースクールに飛び込めば仲間ができます。ちなみに先程物凄い美人が飛び込みました。」
イタリア人「入学します!」

推進派 「世の中には潜在的法曹需要が溢れて流れています。二割司法です。」
ロシア人「入学します!」

推進派 「皆さん、法曹を回避して法曹志願者は9割減りました。」
日本人 「法曹を回避します!」
推進派 「!?。み、皆さん、予備試験を受験して法曹を目指しています」
日本人 「予備試験を受験します!」
推進派 「!?」

元ネタ

ja.wikipedia.org

沈没船ジョーク(タイタニックジョークとも)の例[6]
沈没しかけた船に乗り合わせる様々な国の人たちに、海に飛び込むよう船長が説得を行う。
アメリカ人に 「飛び込めばあなたはヒーローになれます。」
イギリス人に 「飛び込めばあなたはジェントルマン(紳士)になれます。」
ドイツ人に 「飛び込むのはルールです。」
イタリア人に 「飛び込めばあなたは女性に愛されます。」または「先程物凄い美人が飛び込みました。」
フランス人に 「飛び込まないでください。」
ロシア人に 「海にウォッカのビンが流れています。」
日本人に 「皆さん飛び込んでます。」
韓国人に 「日本人は飛び込んでます。」

tadasuke.hatenablog.jp

目を覚ますと,経営難のため沈みゆくロースクールの一室に,あなたは倒れていた。

若者が経済的にロースクール関係者を支えるイメージ図

待遇がグッと上がるわけではない法科大学院

内田貴先生の書籍にあるそうです。

一般的な職業と比べて、
仕事の専門性がグッと高いわけではなく、
仕事に必要とされる知識の範囲がグッと広いわけではなく、
資格取得にかかる労力、時間、費用がグッと多いわけではなければ、
『給料、待遇がグッと上がるわけではな』くても、その資格を目指す人も出てくるでしょう。

一方、
仕事の専門性がグッと高く、責任がグッと重く、
仕事に必要とされる知識の範囲がグッと広く、常に勉強が必要で、
資格取得にかかる労力、時間、費用がグッと多いのにもかかわらず、
『給料、待遇がグッと上がるわけではな』ければ、
費用対効果が著しく悪い資格として、その資格を目指す人は激減するでしょう。

たとえるなら、危険な仕事の募集に際して、危険手当をつけずに、一般社員と同様の待遇で若者を募集するようなものです。
少し考えれば、不合理であることは明らかでしょう。
そのようなことをすれば、当然、求職者が激減するので、経営者としては、リスクに見合った待遇改善を検討するところでしょう。

法曹志願者の激減に対しては、ロースクール推進派から、このような弁護士の待遇改善の議論が出てこないのが不思議なところです。

「多大なコストが生じ、資格取得後のリターンも期待できない、それでも待遇改善などしなくても、法科大学院に若者は集まるはずだ」と考えているとすれば、そうした考え方をする人の方が、よほど弁護士資格を、高負荷低報酬を乗り越えて人が集まるような、何か「特殊な資格」と考えていると言えます。

「単なる資格」というのであれば、現状の弁護士資格は、取得のコストとリターンが見合っておらず、有為な若者の選択肢になりえない見捨てられた資格という評価になると思われます。

司法制度改革の悪循環(2022年)

関連記事

予備試験「その法曹養成制度はもうおしまいだ,早くこっちへ!」

ロースクールの授業は 受験にも実務にも役立たなかったなんて!」

tadasuke.hatenablog.jp

19: 名無しさん@おーぷん 2016/01/09(土)22:17:30 id:DSh
18
まさにそれやで!

法曹志願者の減少にはいろんな要因があるんやが、そのうちの重要な一つに「コストパフォーマンス」があるんや!
例を挙げて説明するで

普通に企業に就職したら年収300万
ロースクールと修習に逝って,4〜10年勉強漬けになって,借金まみれになって年収300万

こういう状況なら、頭のいい人は「普通に就職した方が100倍いいやんけ!せや、弁護士になるなんてやめたろ!」ってなるわな

経済学になじみのない人にとってはようわからんかもしれんが、資格取得後の見込み収入と言うのは重要なんや
見込み収入が高ければ「もっと借金して自分に投資して勉強したろ!」って若者が増えるし
見込み収入が安ければ「借金してまで自己投資なんてできへん....」って若者が増える
つまり見込み収入はそのままロースクール人気に直結するんや!

また当然ロースクールに入学すると$を使わなあかん,経済的負担になる
やからみんなロースクールを嫌がるんや!
こうなるとロースクールが不人気になるから,どうしても弁護士になりたい人には予備試験が人気になるやで

tadasuke.hatenablog.jp

tadasuke.hatenablog.jp

一億総法科大学院構想

国民が一人でも法科大学院を設立できるとする、通称「一億総ロースクール構想」が、難航する法科大学院改革の切り札として注目を集めている。

法科大学院の一人法人化を推進する源・ロー・義経氏は次のように語る。

「弁護士も人、我も人。弁護士が一人で弁護士法人を設立できるならば、我々国民がロースクールごとき、一人で設立できぬはずがない」

ロースクールの数の上限を設けず自由な設立参入を許し、互いに競い合うことによって、全体としてレベルアップをしていってもらいたいという司法制度改革の初期の理念に沿った発想と言える。

司法試験受験生は、司法試験本試験の出願書類に署名することにより、自身に修了認定を出したと法律上推定される制度が構想されている(一段の推定)。

これにより、予備試験受験生はほぼ絶滅するとともに、その減少分は、そのまま自己ロースクール修了生として司法試験を受験すると見込まれており、形式的にはロースクールが、予備試験との制度間競争に勝利した形となることから、ロースクール推進派も、明確な反対を打ち出せないでいる。

同時に、懸案だったロースクールの経済的負担、時間的負担の問題も、旧司法試験並みへと劇的な改善が図られる見込みだ。

一方のロースクール反対派は、ロースクールの本道の真ん中に「抜け道」を確保した格好となり、「このはし、渡るべからず」との立て札を立てられながら、ど真ん中を堂々と通り抜けた一休氏にも勝るとも劣らない成果であるとして、不満の声は見られない。

なお、現行のロースクールはそのまま存続する。

ロースクールが、司法試験受験資格を売りにしなくても、世の中の人々のお役に立つ仕事をしているのか、世の中の人々の方が自分達を飢えさせることをしないのか、飢え死にさえしなければ、人間、まずはそれでよく喜んで成仏できるか、厳しい経営の舵取りを迫られそうだ。

元ネタ

kyoko-np.net

www.yoritomo-japan.com

tadasuke.hatenablog.jp

tadasuke.hatenablog.jp

tadasuke.hatenablog.jp

司法試験受験生を減らす方法。

司法試験受験資格の取得費用を高くする。

司法試験受験資格の時間的負担を高くする。

ロースクールに借金をしないといけないようにする。

弁護士の経済的価値を下げて、資格取得のリスクや費用に比べてリターンが釣り合わずに法曹資格を欲しいと思わせないようにする。

予備試験受験生に対し、心が貧困、若くて優秀な法曹ってウソでしょうなどと文句を言う。

元ネタ

ローは嫌われている【歌ってみた】

youtu.be

歌詞

「学費かなり高いよ」
「時間の負担重いよ」
そんな世論正しいなんてお前アンチか

実際自校は消えたくなくて
他校が消えたら草はえ
「自校が好きだから」っていうエゴなんです

弁護士人気はどうでもよくて
資格と絡むこともビジネスで
それでも「制度の本道」
なんて素敵なことでしょう

逃げ切り世代を味方につけて
教員の地位を確保したくて
そしたら志願者大きく減って
ナイフを持って走った

ローは会社に嫌われている
年収300万ならば
需要は劇的に増えるでしょうと
極端な電波を流した

修習生にも嫌われている
軽々しく給費を廃し
軽々しく給付に変える
修習生にも嫌われている

日弁連は今日も
変わらずロースクールを擁護する
生かす意味なんて見い出せず
無駄を自覚して擁護する

「抜け道」なんて言葉で
若者が振り返ってくれるかな?
そんな意地ばかり抱え
今日も一人ベッドにねむる

一発試験(旧司法試験)を打ち倒し
でも一発試験(予備試験)に倒される
1400人の合格者
(平成)16年すら下回る

不死身の財源手に入れて
制度に守られ生きてゆく
そんなSFを妄想してる

実務に役立たなくてもよくて
試験に役立たなくてもよくて
無意味な授業で生きてくなんて
怒られてしまう

「あのとき払った学費返せよ」
「弁護士業の魅力を返せよ」
悲しくなるけどそれでもいいから
ずっと一人で笑えよ

ローは会社に嫌われている
社内弁護士の給与賞与
一般社員と同様なんて
資格への評価がないよ

ローは若者に嫌われてる
かつて集まって5万人
その9割どこかに消えた
ローは若者に嫌われてる

法曹コースと
未修者拠点化
こんな私に残った
苦しいけど最後の手段

「大きな実績を上げている」
「先導的な大学院」
京大
慶応
東大
早稲田
エルエルセブンってなんやねん!?

夢も
明日も
何も
いらない

自校が生きていればそれでいい
そうだ
本当は
そういうことが歌いたい

ローは嫌われている
てかこれから嫌われていく
君だって
誰だって
いつかは同じ目に合うかもね

それでもローは必死に生きて
命を必死に抱えて生きて
殺して
あがいて
笑って
抱えて
生きて
生きて
生きて
生きロー

本家様

www.youtube.com

www.youtube.com

元ネタ

ll7.jp

LL7とは、法曹育成に大きな実績をあげた7つの先導的法科大学院(Leading Law School)によるコンソーシアムです。
LL7は、法科大学院で学ぶ魅力と法曹養成教育の展望を発信します。

あとがき

地声がばれてしまいました(嘘)

エルエルセブンは、ホームページの右のバナーを見て、語呂が良さそうなLSを上から適当にピックアップしました。

あくまでネタですので、生暖かく見守って頂けると幸いです。

うっせぇわ(covered by 法科大学院)

ロースクールの)正しさとは
(予備試験の)愚かさとは
それが何か 見せつけてやる

ちっちゃな頃から優等生
気づいたら学者になっていた
財布を要する思考回路
持ち合わせる訳もなく

でもお金足りない 学生足りない
困っちまう これはヨビシのせい?
あてもなくただ混乱するエルエス(LS=ロースクール

それもそっか
学生A『最新の流行は合格率の把握』
学生B『経済の合理性も当然にチェック』
学生C『合理的な精神で入学しダブルスクール
学生D『受験生じゃ当然のルーチンです』

はぁ?うっせぇうっせぇうっせぇわ
あなたは思うより(心が)貧困です
経済合理主義的な
あなたじゃわからないかもね

嗚呼よく似合う
その(経済的時間的)負担のない(法曹)養成

うっせぇうっせぇうっせぇわ
評価の軸が違うので進級はナシ

元ネタ

www.youtube.com

www.uta-net.com

note.com